ホーム > 農場から食卓へ

私たちの農場

社の専属農場は、すべて能登半島にあり自然豊かな環境で能登の地下水を飲み育てています。生産している卵は、当社オリジナルの“桜っ子”“能登鶏のたまご”“食卓の笑み”“能登の平飼いたまご”有精卵や取引先スーパーのPB卵(オリジナル卵)です。

能登各地で産まれた卵は、本社GP(Grading and Packing Center)へ集められ、人の目、機械の目によって選別包装され県内はもとより、県外へと皆さんの近くのスーパーさんや飲食店へと出荷されていきます。

私たちの目指す卵は、みなさんが卵を食べた時の、その笑顔です。

私どもは、常に鶏の可能性を信じ機能性卵の開発を行っております。